本ページはプロモーションが含まれています。

双子のおもちゃ選び、おもちゃは2つ必要?実際の体験談

おもちゃ

双子のおもちゃ選びは、どんなママも頭を悩ませるポイントですよね。

特に「双子にはどんなおもちゃがおすすめ?」や「おもちゃは2つ買うべき?」など、疑問は尽きません。

おもちゃを2つ揃えるべきか、それとも1つを共有させるべきか、どちらにもメリットとデメリットがあります。

今回は、双子ママとしての実際の体験談や双子のために選びたいおすすめのおもちゃについてご紹介します。双子ママさんたちに少しでも役立つ情報をお届けします。

双子のおもちゃ事情、おもちゃは2つ必要?

双子を育てるママたちにとって、おもちゃの選び方は大きな悩みの一つです。

「双子にはどんなおもちゃがおすすめ?」と聞かれることがありますが、特に気になるのが「同じおもちゃを2つ買うべきか?」という点です。

多くの家庭では、双子が使うおもちゃをどうするかで悩むことが多いようです。

おもちゃを「同じものを2つ揃えるメリットとデメリット」および「1つのおもちゃを共有する方法とコツ」についてお伝えします。

同じものを2つ揃えるメリット

同じおもちゃを2つ揃えることには、いくつかのメリットがあります。

まず、双子それぞれが自分のものとして認識しやすくなるため取り合いや喧嘩が防げます。

また、自分のペースで遊ぶことができるため、お互いにストレスを感じにくくなります。例えば、キックバイクやレゴなど個別に楽しめるおもちゃが適しています。

これにより運動能力や想像力の向上にも効果的です。

同じものを2つ揃えるデメリット

最も大きな課題は、家の中や収納スペースに同じものが増えることです。

さらに、購入費用も2倍になります。また同じおもちゃを2つ買った場合に、双子が全く同じ遊び方をするとは限りません。

双子それぞれに個性があり、異なる遊び方を好むことも多いです。そのため、同じおもちゃを2つ揃えても、1つのおもちゃには全く興味を示さないこともあります。

1つのおもちゃを共有する方法とコツ

1つのおもちゃを共有させる場合、適切なルール作りが重要です。まず、時間を決めて交代で遊ぶようにすることが基本です。

例えば、タイマーを使って「15分ずつ交代で遊ぶ」といったルールを設定することで、公平感を持たせることができます。

また、おもちゃの種類にも工夫が必要です。レゴやジグソーパズルのように、複数人数で楽しめるおもちゃが適しています。

これにより、双子が協力して遊ぶ姿勢を学ぶことができ、社交性や協調性も育まれます。

さらに、共有する際のトラブルを減らすために、興味の対象が異なるおもちゃを複数用意しておくとよいです。

最後に、親がしっかりとサポートすることも大切です。トラブルが発生した際には、冷静に対処し、双子が自分たちで解決する力を身につけるよう手助けしましょう。

「双子にはどんなおもちゃがおすすめ?」と迷った場合は、共有することを前提とした選び方を意識することで、結果的に双子の成長に繋がるでしょう。

おもちゃ問題、双子ママの体験談

私は双子を育てる中で、おもちゃ選びについて多くの悩みを抱えていました。双子にはどんなおもちゃがおすすめなのか、2つ買うべきか迷いましたが、結果的にそれぞれの状況に応じて選択するようにしました。

以下に、私が実際に体験した具体的なおもちゃ事情についてお話しします。

おもちゃを2つ揃えた場合のメリットとデメリット

双子に同じおもちゃを2つ揃えた場合、まず一番のメリットは喧嘩が減ることです。

特に魅力的なおもちゃであれば、一つを取り合っての争いが頻発するため同じものを2つ用意することでそのストレスが軽減されます。

また、同時に遊ぶことで協力の場面も生まれ、双子の絆が深まることも期待できます。

一方で、デメリットもあります。おもちゃを2つ用意するとなると高額になります。また、スペースの問題も見過ごせません。

手押し車など特に大型のおもちゃの場合、家の中が狭く感じることが増えました。そして、同じものを2つ揃えても、いつも満足するわけではありません。

同じものでも相手が使っているものが欲しいと、ダダをこねることがありました。子どもたちの成長や興味によって、必要がおもちゃも変わってくるのでそのたびに2つ購入するのは労力がかかります。

さらに、双子でも性格や趣味が異なる場合があり必ずしも同じおもちゃを欲しがるわけではありません。適切なおもちゃ選びが難しくなることもあります。

例えば組み立ておもちゃでは一方が創造力を発揮して遊ぶのに対し、もう一方はあまり興味を示さないことがあります。このような場合それぞれの興味に合わせたおもちゃを揃える工夫が必要です。

このように、おもちゃを2つ揃えることにはメリットとデメリットがあり、家庭の状況や子どもの性格に応じた柔軟な対応が求められます。

おもちゃを1つ共有させた場合のメリットとデメリット

双子におもちゃを1つ共有させる場合、一番のメリットはコストを抑えられることです。おもちゃの種類は豊富で価格も様々ですが、1つだけ買うことで出費を大幅に軽減できます。

また、収納スペースにも余裕が持てます。くみくみスロープや積み木のようなおもちゃであれば、集中力や忍耐力を育てる良い機会となり1つを共同で完成させることで達成感も共有できます。

しかし、共有させることには独特のデメリットつきまといます。特に未就学児の双子の場合、順番を守るのが難しいため取り合いが頻発する可能性が高いです。

おもちゃの取り合いで喧嘩が勃発すると、親としてはその都度仲裁に入る必要があるため、ストレスが溜まりやすくなります。

また、同じ時間に同じおもちゃで遊びたがることが多いので遊びの時間をうまく調整する工夫が求められます。

さらに、おもちゃを長く使うためには、共有する方法そのものにコツが必要です。例えば一人が遊んでいる間にもう一人が別のおもちゃで遊ぶように誘導したりすることが有効です。

これは、双子の子供たちに自然と譲り合いの精神や協力の気持ちを育てる教育的な面も兼ねています。

また、親としては定期的におもちゃを見直し必要に応じて新しいものを導入することも大切です。

例えば季節や子供たちの成長段階に合わせて、興味を引く新しいおもちゃを提供することで、共有に対する意欲を持続させることができます。

このように、一つのおもちゃを共有させることで経済的なメリットがある反面それを維持するための工夫と努力が必要です。

おすすめの双子用おもちゃ

双子にはどんなおもちゃがおすすめか悩む親御さんも多いと思います。2つ買うべきか、1つで共有する方法もあるかもしれません。

それぞれ趣向が異なるので、お子さんの好みや興味に応じて選んであげましょう。

1人用オモチャ

5in1 5way バランスバイク

BTMの子供用三輪車「5in1 5way バランスバイク」は、足けりバイクからペダル付き三輪車まで5種類に変形可能なバイクです。

成長に合わせて長く使えるバイクなので2台購入して双子がそれぞれ乗って遊んでいます。

gg* oekaki house ジジ おえかきハウス

gg* oekaki house ジジ おえかきハウスは、1歳から4歳向けの木製お絵描きボードです。カラフルで持ち運びが簡単で、子供の創造力を育む知育玩具です。

お絵かきをさせたいけど、床や壁を汚してしまうこともあるのでこのおえかきハウスはとても便利です。

2人で遊べるおもちゃ

GESTAR ジスター「天才のはじまり」

GESTAR ジスター「天才のはじまり」は、2歳から10歳までの子供向けの多機能知育玩具です。ブロック、紐通し、立体パズルが組み合わさり、指先の知育を促進してくれます。

2人で協力して組み合わせたり、それぞれが紐通しをして遊べるので多機能コスパ良しのオモチャです。

ウッディプッディ「はじめてのつみきリング10 RING10」

ウッディプッディの「はじめてのつみきリング10 RING10」は、1歳半から3歳の幼児向け木製知育玩具です。手先の技術と認識能力を育む木材で作られたオモチャです。

一緒に積み重ねたり、紐に通して音を鳴らしたり長く遊べるオモチャです。

双子育児、おもちゃの選び方

双子のおもちゃを選ぶ際には、一緒に遊べるものや長く使えるものを選ぶことがポイントです。加えて、双子どちらも興味を引くデザインやカラフルな色味のものを選ぶことが大切です。

積み木やパズル系のオモチャは集中力や忍耐力を養いながら達成感を味わえるため、双子にとって良い選択肢となります。

双子の成長をサポートしつつ、楽しい時間を過ごせるおもちゃを選んであげましょう。

おわりに

双子育児のおもちゃ事情についての体験談やおすすめポイントを紹介しました。おもちゃを2つ買うべきか、1つを共有させるべきかは、それぞれのお子さんの性格や家庭の状況によります。

双子にはどんなおもちゃがおすすめなのかをしっかり考え、適切な選択をすることが大切です。

遊びを通じて双子の絆を深め、成長をサポートするおもちゃを見つけてあげましょう。