本ページはプロモーションが含まれています。

おくるみは必要?双子用におくるみを2枚買ったけど全く使わなかった

子育て

初めての出産を迎え、おくるみは必要かどうか悩まれる方もいると思います。

私は双子の出産準備において、おくるみを2枚買いましたが全く使わなかった経験があります。

この記事では実際におくるみはどの場面で使うのか、そしてそのメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

おくるみの購入に迷われている方はぜひ参考にされてください。

おくるみはどの場面で使う?

おくるみは、生まれたばかりでまだ首の座らない赤ちゃんを包む大きな布のことで、アフガンやスワドルとも呼ばれます。

具体的には、新生児の退院時や1ヶ月健診時などに使われることが一般的です。

冬生まれの赤ちゃんにはキルティング素材のおくるみが適しており、夏生まれの赤ちゃんには通気性の良いおくるみを使うのが一般的です。

おくるみは赤ちゃんを落ち着かせたり、就寝時に包むことで安心感を与える効果も期待できます。

私のように双子用におくるみを2枚買いましたが全く使わなかったというような状況もありますが、使い方次第で便利なアイテムと言えます。

おくるみはいつからいつまで使える?

おくるみは、新生児期から使用できます。特に生後数日から数ヶ月までの間は、赤ちゃんがまだ環境に慣れておらず、包まれることで安心感を得ることができます。

一般的には、生後3〜4ヶ月頃までが使用の目安です。

この時期を過ぎると、赤ちゃんは成長とともに手足の動きが活発になり、自ら動いて寝返りを打つようになります。

このため赤ちゃんの安全を考慮しおくるみの使用を控えた方がよいです。

ただし、赤ちゃんによっては、おくるみに包まれることで安心する子もいるため、個々の成長や状況に応じて柔軟に対応することが大切です。

おくるみのメリットとデメリット

おくるみにはメリットとデメリットがあります。赤ちゃんが安心して眠れるように手助けし、新生児の体温調整にも役立ちます。

しかし、双子の場合、おくるみを2枚準備する必要がありその費用や使用頻度について悩むことも少なくありません。

おくるみのメリット

おくるみの最大のメリットは、赤ちゃんが安心感を得てぐっすり眠れることです。

包まれることによって、母親の胎内にいた時のような安心感を与えることができます。また、首の座らない新生児にとって、おくるみは体全体をサポートする役割も果たします。

さらに、冬生まれの赤ちゃんにとっては保温性が高いキルティング素材のおくるみが適しており、逆に夏生まれの赤ちゃんには通気性の良いバスタオル素材が使われることが一般的です。

おくるみは新生児の退院時や1ヶ月健診など、外出時にも便利です。

特に双子の場合、1枚ずつのおくるみでそれぞれの赤ちゃんを包むことで外出先でも安心して移動できます。

おくるみのデメリット

一方で、おくるみにはデメリットもあります。まず、双子の場合、2枚のおくるみが必要になるためコストが倍になります。

さらに、赤ちゃんが成長するにつれて使用頻度が減り、短期間で使わなくなることも多いです。

また、赤ちゃんが嫌がる場合おくるみがかえってストレスの原因になることもあります。

そのため、赤ちゃんの性格に合わせた選択が重要です。適切な素材を選ばないと暑さや寒さによって赤ちゃんの体温調整が困難になることもあります。

双子の場合のおくるみ

双子が生まれると、おくるみが2枚必要かどうか迷います。

実際、「おくるみは全く使わなかった」といった声もあります。双子の場合、おくるみが2つ必要になるため、使う場面や実際の使用頻度をよく考えた上で準備することが重要です。

おくるみは買うべき?

双子におくるみが必要かどうかは、家庭や赤ちゃんの習慣により異なります。おくるみは新生児を包み込むことで安心感を与えるアイテムです。

双子を一人ずつ抱っこする際にもう一人をおくるみに包んでおけば、両手が自由になりお世話が楽になります。

しかし実際には、双子の世話で手がいっぱいでバスタオルで代用しおくるみを使う余裕がない場合もあります。

産院によっては必要な場合もある

産院によっては、おくるみの使用を推奨するところもあります。特に退院時や1ヶ月健診時に使用を指示されることが多いです。

おくるみの購入を迷っている方も産院での指示がある場合には用意しておくことが無難です。

また、産院ごとにおくるみの材質や使い方についても細かい指示があることがありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

おくるみがあると赤ちゃんが寒さから守られ安心して眠ることができます。

特に新生児期は、環境の変化に敏感であるため、産院の指示を守って適切に使用することが望ましいです。

私のおくるみ体験談

双子用におくるみを2枚買いましたが、いらなかったのが正直なところです。赤ちゃんの成長とともに必要なアイテムが変わり、おくるみの出番は少なくなりました。

しかし、これも貴重な体験の一つであり多くの学びがありました。

おくるみ使わなかった理由

おくるみをあまり使わなかった理由の一つに、季節があります。

双子が生まれたのは暑い時期だったため、おくるみではなく薄手のバスタオルを巻いて退院しました。また、家に帰るとおくるみは使う機会がほとんどありませんでした。

おくるみは乾くのにも時間がかかり天気が悪いときなどは乾燥機に入れないと乾きません。

バスタオルはすぐに乾くため、双子の入浴後もバスタオルを使いました。

健診や病院なども荷物が多かったため、おくるみを巻いて行くということは殆どありませんでした。

おくるみの代替品

おくるみの代替品としてバスタオル以外に活躍したのはスリーパーです。特にガーゼのスリーパーは柔らかく、2歳くらいまで使えるため経済的です。

双子の場合、夜泣きが続くことが多く、スリーパーを着せておくと安心感がありました。

また、軽めのフリース素材のスリーパーは、さらに大きくなっても使いやすく長く使用できます。

他には薄手のブランケットも重宝しました。これらのアイテムは洗濯がしやすくお手入れも簡単です。

おわりに

おくるみの必要性は、赤ちゃんの状況や季節によって大きく異なります。

私の経験では双子用のおくるみはあまり使用しなかったものの、代わりにバスタオルやスリーパーが大変役立ちました。各家庭の環境に合わせた選択が重要です。