本ページはプロモーションが含まれています。

双子育児はいつになったらラクになる?ツラい時期を乗り切る方法

子育て

双子育児をされている方はいつになったらラクになるかな、と思うこともあると思います。

特に新生児期は頻繁な授乳やおむつ替えに追われ、睡眠不足が続き辛いと感じるママが多いです。

この記事では体験談を交えながら、双子育児の大変さや辛い時期を乗り越える方法をご紹介します

双子育児のツラい時期

双子育児は新生児期から幼少期にかけては、泣き声やおむつ替え、授乳などの頻度が高いため、多くの親がストレスと、疲労と戦うことになります。

この時期にうまく対策を練ることで、少しでも育児が楽になることが期待されます。

双子の新生児期

新生児期は、双子育児で最も大変な時期の一つです。

一日に何度も授乳やおむつ替えをしなければならず、特に授乳のタイミングがずれると、休む暇が全くありません。

また、夜間の授乳や泣き声で熟睡できない日々が続き、睡眠不足が深刻になります。

双子の魔の三週目

魔の三週目とは、生後3週間を迎える頃に赤ちゃんが特に泣きやすくなる時期を指します。

この時期の双子育児は非常に辛く、疲労が重なります。

二人同時に泣き始めることも多く、親としてはどう対処して良いかわからずストレスが増します。

この時期こそ、泣く赤ちゃんをあやすためのさまざまな工夫が求められます。

たとえば、抱っこ紐を活用することで両手が自由になり、少しでも家事が進めやすくなります。

また、夜泣きが増えることもこの時期の特徴です。

夜中に頻繁に起こされることで、特に睡眠不足が深刻になります。パートナーや家族の協力を仰ぎ、一人で全てを抱え込まずに助け合うことが重要です。

魔の三週目を乗り切るためには、無理をせず、自分の体調管理も気を遣いながら、休息とリフレッシュの時間を取ることがポイントです。

双子の寝返り期

赤ちゃんが寝返りを打つようになると、目を離すことができなくなり、安全対策が必要となります。

一人が寝返りを打っても、もう一人を見守らなければならず、家の中での動線を見直すことが求められます。

寝返り防止クッションやバウンサーなどの安全アイテムも検討しましょう。

さらに、この時期になると赤ちゃんたちの活動量が増え、授乳やおむつ替え以外の育児作業も多くなります。

同時に二人を抱きかかえたり、遊ばせる時間を作ったりすることも必要です。

どちらか一方が泣き始めると、もう一方がつられて泣くこともあり、親としては対処に追われることが多くなります。

双子のハイハイ期

ハイハイ期になると、双子たちは一気に活動的になり、家中を探検するようになります。

二人が異なる方向に進むため、親としては常に目を光らせていなければならず、安全対策を徹底する必要があります。

階段や台所など危険な場所への侵入を防ぐために、ベビーゲートや安全ロックは必須です。

さらに、この時期には赤ちゃんが物を口に入れることが多くなり、誤飲の危険性も高まります。

床に落ちた小さな物や、手の届く範囲に置かれたものに注意が必要です。また、ハイハイを始めることで、家の中の移動範囲が広がり、掃除を徹底しなければなりません。

特に、よだれや食べこぼしなどで汚れやすくなるため、頻繁な掃除が求められます。

双子の離乳期

離乳期に入ると、授乳の頻度が減る一方で、離乳食の準備と管理が重労働となります。

双子の分を用意するため、多くの時間とエネルギーが必要です。

また、食べ物の誤飲の注意が必要で、一度に二人分の食事をきちんと管理することは大変です。それぞれの食欲や好みが異なるため、個別に対応する必要があります。

離乳食の準備や後片付けは思った以上に手間がかかるため、冷凍保存やベビーフードをうまく活用することが役立ちます。

一度に大量に作って冷凍することで、日々の手間を省くことができます。

また、双子が同時に食事を取る際には、席を並べて安心して一人で食べさせる工夫も必要です。

双子のおしゃべり期

おしゃべり期に入ると、双子たちの言葉の発達が進む一方でコミュニケーションの取り方も変わってきます。

二人一緒に話し始めると、お互いに競い合うかのように話し続けることがあります。

これにより、親としてはどのように対話を続けるか、そのバランスを取ることが大切です。

この時期に重要なのは、双子の個性を尊重し、それぞれのペースで言葉を学ばせる工夫をすることです。

たとえば、一人ずつと時間を取り、一対一のコミュニケーションを図ることで、それぞれが自信を持って話せる環境を整えることができます。

また、一緒に絵本を読んだり、歌を歌ったりすることで、双子の間でも言葉のやり取りが自然と増え、楽しい時間を過ごすことができます。

双子のイヤイヤ期

イヤイヤ期は、2歳ごろに始まり、双子育児において最も厳しい時期の一つです。

この時期、子どもたちは自己主張が強くなり、何に対しても「イヤ」と拒否することが頻繁に起きます。

二人が同時にイヤイヤの態度を見せると、親としては対処が非常に困難です。特に外出時や公共の場でのイヤイヤは、他人の目も気になるため、ストレスが増幅されます。

この時期を乗り切るためには、双子それぞれの気持ちを理解し、その上で適切な対応を取ることが求められます。

たとえば、「○○したいのね。でも今は□□しようね」といった形で、子どもの気持ちを尊重しながらも、大人の意図を伝えることが大切です。

また、イヤイヤ期を迎える前に、子どもに選択の自由を与える習慣をつけることで、自己主張が少しは和らぐことも期待できます。

双子育児がラクになる瞬間とは?

双子育児は特に新生児期から幼児期にかけて大変な時期が続きますが、それでもふとした瞬間にラクになると感じることがあります。

それでは具体的にどのような瞬間で育児がラクになるのか見ていきましょう。

寝てくれるようになるとラクになる?

双子が成長し、夜間にまとまって寝てくれるようになると育児が少し楽になると感じることが多いです。

新生児期は夜間の授乳やおむつ替えで頻繁に起きる必要がありますが、双子が自分たちで寝てくれるようになると、親も休む時間が取れるようになります。

特に、授乳の回数が減ってくる生後3ヶ月以降は、少しずつ睡眠時間が確保できるようになります。

ただし、個々の赤ちゃんの睡眠リズムには違いがあり、双子でも同時に寝てくれるわけではないことも多いです。

それでも、少しずつ夜間の授乳が減り、双子が同じリズムで寝てくれるようになると育児の負担は軽減されます。

夜にしっかり休息を取れることで、昼間の家事や育児にも余裕が生まれてきます。

歩きだしたらラクになる?

双子が歩き出すと、親の負担が減ると感じることがあります。

歩行を始めると自分で移動できるようになり、抱っこやベビーカーから解放される瞬間が増えるからです。

しかし、その一方で新た問題も出てきます。例えば、一歳半頃になると双子が自分たちで好きな方向へ歩きたがるため、手をつないで歩く練習が必要になります。

道路に出ていくのを防ぐためには、常に目を離さず見守る必要があります。

それでも、二足歩行を始めることで外遊びの幅が広がり、公園などで双子が一緒に遊ぶことができるようになると、親も一緒に遊びながらリフレッシュできる時間も増えてきます。

トータルで考えると、歩行の開始は双子育児において一つの進歩です。

オムツ、ミルクを卒業したらラクになる?

オムツやミルクを卒業する時期が訪れると、かなり育児が楽に感じられることが多いです。

オムツの交換やミルク作りは手間がかかり、その度に双子を相手にするのは大変です。

そして、トイレトレーニングが成功し、双子が自分でトイレに行けるようになると、その手間から解放されます。

また、ミルクを卒業し、固形食がメインになると、授乳の頻度も減るため食事の準備が一度で済むようになります。

ただし、トイレトレーニングや離乳食の移行期には新たな課題も発生します。

例えば、双子が同時にトイレに行きたがる場合の対応や、好みが異なる食事メニューの準備など。

しかし、これらの課題も少しずつクリアしていくと、全体的な育児の負担は軽減するため、一大ステップとして歓迎されるポイントとなります。

意思疎通ができるようになったらラクになる?

双子との意思疎通ができるようになると、育児が一段と楽に感じることが多いです。

特に言葉を覚え始めると、自分の要求や気持ちを言葉で伝えることができるようになり、親としても何を求めているかが理解しやすくなります。

そして、双子同士でもお互いにコミュニケーションを取り合うようになるため、二人で遊んでくれる時間が増えます。

これにより、親が一息つく時間ができるでしょう。意思疎通が進むことで、予測される問題やトラブルも事前に防ぐことが可能となり、日常生活がスムーズになります。

しかし、この時期には「イヤイヤ期」もあります。言葉で意思を伝えるようになっても、自我が芽生えて自己主張が強くなるため、全てが簡単になるわけではありません。

それでも、双子とのコミュニケーションの質が向上することで、育児そのものが楽しく感じられるようになるのは確かです。

双子育児のメリット、楽しいことも沢山

双子育児は確かに大変な部分も多いですが、その一方で楽しさやメリットも沢山あります。

子どもたちが一緒に遊ぶことで自分の時間が少しできたり、双子ならではの特別な絆を感じることができます。

体験談も交えて双子育児のメリットをご紹介します。

周囲の人が覚えてくれて声をかけてくれる

双子を育てていると、散歩や買い物など日常の外出時に周囲の人々から声をかけられる機会が増えます。

「双子ちゃんですね」と振り向かれたり、「大変そうですね」と励まされたりと、周囲の関心が高まりやすいです。

特に同じルートを何度も通る場合は、頻繁に顔を合わせる人々が覚えてくれるため、地域のコミュニティとのつながりが強くなります。

また、双子ならではのエピソードや成長過程を共有することで、他の親御さんや年配の方々との会話が弾むことも多いです。

双子育児の大変さを理解してくれる人々に恵まれると、心の支えになりますし、外出が楽しいものとなります。

このように周囲からの温かい声掛けは、双子育児の大変さを少し和らげてくれる貴重な瞬間となります。

双子が一緒に遊んでくれて時間ができる

双子育児の大きなメリットの一つとして、双子が一緒に遊ぶことで親に少しの余裕が生まれる点があります。

幼児期になると、お互いに兄弟という存在がいることで一緒に遊ぶ時間が増えます。

これは一人っ子育児にはない特別な利点です。二人でブロックを組み立てたり、おままごとをしたりする姿は微笑ましいです。

双子がお互いに遊び相手となることで、親がずっと相手をしなければならない時間が減り、家事や休息の時間を確保しやすくなります。

また、双子同士で自然に社会性や協調性を学ぶ機会も多く、成長面でも良い影響を与えることがあります。

さらに、一緒に遊んでいる間はケンカも少なくなるため、親の負担も軽減されます。

このように、双子が一緒に遊ぶことで得られる親の時間の余裕や、双子たちの成長につながるメリットは非常に価値が高いと言えます。

育児ステップが同じ

双子育児のもう一つの大きなメリットは、育児ステップが同じであることです。

例えば、新生児期の授乳やおむつ替え、離乳食の準備、トイトレなど、すべての育児ステップを一度に済ませることができます。

一人の子供の育児が終わって次の子供の番というような手間が省けるため、効率的に育児作業を進められます。

ミルクや離乳食の準備など、同じタイミングで行うことでストレスが軽減されます。

また、育児のタイミングが同じであることで、成長過程の比較が簡単にできるため、何らかの問題が発生した時にも早期に対応しやすくなります。

また育児アイテムや方法を二人同時に試すことができるため、効果的な方法を見つけ出しやすいという利点もあります。

このように、育児ステップが同じであることは、双子育児を計画的かつ効率的に進める上で非常に役立ちます。

結果として、歩くようになったらさらに育児がスムーズに進むことも期待できます。

おもちゃや服の共有ができる

双子育児にはおもちゃや服の共有という経済面、実用面での大きなメリットもあります。

双子は基本的に同じ年齢であるため、サイズや興味の対象が一致しやすいです。これにより、おもちゃや服を二人で共有することができ、新しいものを頻繁に購入する必要が少なくなります。

特に洋服に関しては、似たようなデザインを選ぶことでお揃いのコーディネートが楽しめますし、洗濯や整理の手間も軽減されます。

おもちゃも同じようなものを数多く買う必要がなく、二人で一緒に遊べるセットタイプや大型のおもちゃを選ぶことで、遊びの幅が広がります。

また、共有することでおもちゃの価値や利用方法を学び合う機会にもなり、物を大切にする気持ちや協力する姿勢が育ちます。

これらの共有による利点は、家計の負担を軽減し、育児におけるストレスも減らすことができます。

双子育児を乗り切るためのコツ

双子育児は楽しくも大変な体験です。特に生後3ヵ月までは頻繁な授乳やおむつ替えが辛いと感じる人が多いです。

しかし、家事や離乳食に無理をしないことで、過ごしやすい毎日に近づきます。

地域の施設やサービスを上手に使い、家族やパートナーの協力を得て、育児ストレスを軽減しましょう。

家事は頑張らない

双子育児中は家事の完璧さを追い求めなくて大丈夫です。

まずは子供たちの安全と基本的な世話を優先し、家事は後回しや手抜きをすることが大切です。

例えば、掃除は週に一度の徹底掃除に留め、日々の片付けは最低限にすることで手間を減らせます。

また、料理も無理をせずに済むように、冷凍食品や市販の惣菜を上手に取り入れるとよいでしょう。

家電の力を借りることもおすすめです。ロボット掃除機や食洗機などの便利な家電を利用することで、少しの手間でも大きな助けになります。

双子育児はとにかく体力と精神力が必要ですので、頑張りすぎないよう自分のペースで進めていきましょう。

離乳食を頑張らない

離乳食もあまり頑張らないことが重要です。手間のかかるメニューを作るよりも、市販のベビーフードを上手に活用しましょう。

疲れているときや忙しい日は、自作にこだわらずベビーフードや冷凍保存が可能なものを使うことで、一息つく時間が生まれます。

また、作り置きの離乳食も非常に便利です。多めに作りフリーザーバッグに入れて冷凍保存すると、いつでも簡単に温め直して提供することができます。

さらに、双子の離乳食は同じタイミングで進めることができるので、一度にまとめて準備することで効率的に行えます。

無理のない範囲で、離乳食の準備を楽にしていきましょう。

地域の施設、サービスを利用

地域の施設やサービスを有効活用することで、双子育児の負担を軽減することができます。

例えば、自治体が提供する育児支援サービスを利用すると、専門のスタッフが訪問してアドバイスやサポートをしてくれることがあります。

また、子育て支援センターや親子で参加できるイベントに足を運ぶことで、他のパパママと交流し情報交換をすることもできます。

他の人と情報を共有することで、新しい発見や解決策が見つかりやすくなります。さらに、一時保育や託児施設も取り入れることで、自分自身の時間を持つことができます。

これらのサービスを上手に活用することで、少しでもリフレッシュし、育児のストレスを和らげられるよう工夫してみましょう。

家族、パートナーに手伝ってもらう

迅速かつ効果的に双子育児を乗り切るためには、家族やパートナーの協力が不可欠です。

多くの双子を育てる家庭では、片方の親だけが全ての責任を負うことは非常に難しいです。

まず、パートナーと家事や育児の分担をしっかり話し合いましょう。お風呂やおむつ替えなど担当を明確にすることで、負担が均等になるように工夫できます。

また、親や義両親といった周囲の家族にもサポートを求めましょう。

双子を育てる初期段階では、頻繁な授乳や寝不足で体力が消耗されやすいため、遠慮せずにお手伝いをお願いしてください。

助けを借りることで、心の余裕が生まれ、育児を楽しむ時間も増えるはずです。

少しでも育児の負担を軽減し、笑顔で過ごせる時間を増やすことが大切です。

おわりに

双子育児はいつになったらラクになる?という悩みを多くの親が抱えます。

特に歩くようになったら外出や散歩が一層難しくなることもありますが、一方で自分たちで遊び始めると少しずつ楽になる実感がわいてくることも多いです。

コツを掴み、周囲の助けを得ながら乗り越えていくことで、双子育児の楽しさも増してきます。